WiMAX ノーリミットモードを手動選択できる端末

いま、WiMAX通信サービスでは「3日間3GB超」で速度制限されるという規定があります。

直近3日間で「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信量の合計が3GB以上となった場合、「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信速度を翌日にかけて制限する場合があります。

WiMAX2+サービス ネットワーク混雑回避のための速度制限について|UQ WiMAX(ルーター)|【公式】UQコミュニケーションズ
UQコミュニケーションズ【公式サイト】WiMAX2+サービス ネットワーク混雑回避のための速度制限について。超高速モバイルインターネットのWiMAX2+を提供。UQ WiMAXは、UQコミュニケーションズ株式会社の高速モバイル通信サービスです。

月間の通信容量に制限はないプランでも、これに引っかかるとスピード制限されてしまう(ことがある)のです。

これを避けたい場合には、「WiMAX」のみを使うノーリミットモード通信を選択して利用するという方法があります。

「WiMAX 2+」「au 4G LTE」を使わなければ、3日間3GB超は考えなくてもいいのです。
(月間の通信容量も気にしなくてOKです)

ただし、ノーリミットモード選択時の通信スピードは

チェック下り最大13.3Mbps(以前は最大40Mbpsでしたが、2015年2月12日以降、順次エリアごとに最大40Mbps⇒最大13.3Mbpsに切り替わっていっています)
チェック上り最大15Mbps(WiMAX2+対応エリアおよびその周辺では、最大10.2Mbpsとなる場合あり)

と、超高速とは言えない速度。

なので、その割り切りは必要です。

いま、UQ WiMAXで販売されている端末で、このノーリミットモードを手動選択できるのは次のものになります。

●Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14
●Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15
●Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11
●Uroad-Home2+(部屋内設置型端末)
●Uroad-Stick2+(USB接続型端末)